キャラクター紹介| 猫の町、東京の谷中銀座の招き屋はおいしい福にゃん焼きをご提供しています。

キャラクター紹介 “福にゃん”のご紹介

店頭では、招き屋のイメージキャラクター“福にゃん”がおいでおいでと手招きしています。

この愛らしいほのぼのとしたキャラクターの生みの親は、あの『釣りバカ日誌』の原画作者、北見けんいち先生です。
「見る人に幸福がおとずれるように」との想いをこめて、デザインしていただきました。

“福にゃん焼き”のお召し上がり方 招きねこの“手”の向きを確認してからお召し上がりください。

右手を挙げている招きねこは金運を招き、
左手を挙げている招きねこは人を招くといわれています。

“福にゃん焼き”を召し上がる際は、ぜひ福にゃんの“手”の向きを確認してみてください。金運を招きたい方は挙げている手が右にくるように、人を招きたい方は挙げている手が左にくるようにしてお召し上がりいただくと、
それぞれ「金運」「良縁」に恵まれるかも!?
どうか願いをこめてお召し上がりください。

谷根千(谷中・根津・千駄木)について

上野寛永寺のお膝元である谷中・根津・千駄木エリアは、多くのお寺が立ち並ぶ江戸時代からの寺町です。歴史的な名所が点在し、休日にはたくさんの観光客で賑わいます。
多くのねこが暮らす「夕焼けだんだん」からのびる谷中銀座商店街は、昔ながらの下町情緒あふれる商店街で、休日散歩にぴったりの場所です。商店の前では招きねこがあちこちで手招きしています。

このページの先頭へ