招き屋のご案内| 猫の町、東京の谷中銀座の招き屋はおいしい福にゃん焼きをご提供しています。

招き屋のご案内

谷中銀座商店街は、JR日暮里駅・地下鉄千代田線千駄木駅
より徒歩5、6分のところにある商店街です。
小さいけれど活気にあふれ、ふと懐かしい気持ちになる
ような人々の笑顔があなたを迎えてくれることでしょう。
江戸時代に寛永寺が建てられると、谷中にもその子院
が次々と建てられ、神田からも多くの寺院が移転。
参拝客が集まると商家が建ち並び、庶民の行楽地
として発展しました。

1996年には松嶋菜々子さん主演・NHK連続テレビ小説
「ひまわり」の舞台となり、谷中もさらに活気付いています。
2013年のNHKドラマ「いつか陽のあたる場所で」は、
人情味あふれる谷中エリアが舞台です。上戸彩さんと
飯島直子さんによる熱演とともに、谷中商店街の雰囲気も
堪能できるドラマとして注目を集めました。
谷中といえば、たくさんのねこが暮らす坂「夕焼けだんだん」
という階段が有名ですが、もちろんこのドラマでも登場します。
ここから臨む夕焼けは、心をじんわりとあたためてくれます。
谷中ねこと一緒に夕焼けを眺めるのもいいものです。
早口言葉「なかなか鳴かない谷中のかなかな」にも谷中が登場します。
あなたは言えますか?

ねこで有名な町、谷中銀座に“福にゃん焼き”新登場!! ねこで有名な町、谷中銀座に“福にゃん焼き”新登場!!

お客様を招くといわれる「招きねこ」は、お店にとってかかせない存在です。多くのねこが暮らす「夕焼けだんだん」と「谷中銀座商店街」においても、街中のいたるところでたくさんの招きねこを見かけます。

私たち招き屋は、そんな谷中銀座の招きねこをモチーフとした、たい焼きならぬ “福にゃん焼き”を販売しているお店です。お客様に「楽しく」「美味しく」召し上がっていただけるよう、ひとつひとつ心をこめて丁寧に焼き上げております。

あの『釣りバカ日誌』の原画作者、北見けんいち先生が「見る人に幸福がおとずれるように」との想いをこめてデザインされた“福にゃん”と一緒にお待ちしておりますので、谷中銀座にお越しの際はぜひお気軽にお立ち寄りください。

招き屋では、『美味しさ』にもこだわっています! 招き屋では、『美味しさ』にもこだわっています!

招き屋の定番めにゅーは、何度も試食を重ね選りすぐりの材料・具材を集めました。

生地は、最高の食感を導き出す配合を編み出し味の決め手となるあんこは国内の多くの候補から選び抜き、北海道直送の最高級十勝あんを採用!

その他の商品も趣向を凝らし、ひと味加えたメニューを取り揃えております!
ぜひとも各種ご賞味ください。
※当店の生地は卵を使用しております。

アクセスマップ

大きな地図で見る

このページの先頭へ